/* 開閉ギミック */

みんなの赤ちゃんアトピー体験談はこちら!

離乳食のタイミングが原因!?

女の子赤ちゃん

うちの次女がアトピーでした。
アトピーを発症したのは生後8ヶ月の頃でした。
最初に現れた症状は、ほっぺたの赤みを伴った湿疹のようなカサカサでした。
乾燥しているのかと思って、ベビー用の保湿クリームを塗っていましたが全く改善されず、そのうち耳たぶの付け根が切れてきました。
感想じゃないのかな?と思って皮膚科に連れて行くと、あっさりアトピーですねと診断されました。
皮膚科で言われたのは、「離乳食のタイミングが早かったのではないか」ということでした。
そしてステロイドの外用薬と非ステロイドの消炎薬を処方されました。
ステロイドは副作用の話などをよく聞くので使うのは正直嫌でしたが、短期間であれば大丈夫のようなのでとりあえず使ってみることにしました。
アトピーの症状が出ているところはよく掻いてしまうので、ミトンをつけて寝かせたりと悪化させない工夫をしましたが、夏場にミトンは暑いらしく、毎日グズグズ言っていてとても可愛そうでした。
ステロイド外用薬を3日塗ったあとは、非ステロイド消炎薬を塗るように言われていたのでそのように対応しましたが、治りませんでした。
病院を変えて今度は小児科に行きましたが、おなじような薬を処方され、少しマシになってはまた症状が出ると治ったりひどくなったりを繰り返しながら、その都度お薬を変えてもらい、一生このままだったらどうしようと思ったんですが、ありがたいことになぜか幼稚園入園前に治ってしまいました。
小児科の治療とともに私が気をつけたことが、徹底した掃除、部屋の換気、布団干し、保湿です。
保湿はしつこいくらい1日に何度も保湿クリームを塗りました。
これらのことが上手く作用したようで、なんとか完治するに至りました。
幼稚園に入る前に完治してから丸2年経ちますが、再発する気配はありません。
今でも保湿には気をつけています。

3ヶ月で赤ちゃんアトピーに、、、

泣いている赤ちゃん

私は、第一子がアトピーと診断されました。その時、3ヶ月になった時に、そのように言われたのです。
少し通常の子供と違うと思ったのは、乳児湿疹がひどいとおもった時です。顔や頭の中まで湿疹があって、その湿疹で痒かったのだと思うのですが、眠らずに、よくぐずっていたのです。
そして頭の中の湿疹がひどくなった時に、アトピーと診断されたのです。
私が子供のアトピーで一番困ったとおもったことは、なんといっても、眠りが浅かったということです。それはかゆみのために、眠ったと思っても、直ぐに目覚めていて、そのために私も目覚めてしまうということがありました。
そのため、子供も私もぐっすりと寝ることができたという、記憶がありません。薬はステロイドが入っているものを使用することによって、劇的に改善していくのが分かりました。
ステロイドは、あまり使用したくなかったのですが、そのかゆみのためにかきむしったりすることもあったので、そのかきむしった皮膚がただれてしまうことを恐れて、ステロイド剤の塗り薬を使用していました。
一歳になった時、皮膚が少し強くなったと感じることが出来、それから少しづつ改善していきました。
アトピーの原因と言われたものを一切、口にすることなく、そのことも子供にとっては辛かっただろうと、親としても感じていました。

つらい親の気持ち、、、

赤ちゃんと添い寝

アトピーで1番困るのは、子どもがかゆがる姿を見なければならないことです。本当にかわいそうです。夜寝ているときも無意識にかきむしって泣いてしまいます。親子して寝不足で、すごくしんどい日々でした。寝不足で寝ぐずりがひどく、さらにかゆくてたまらない為か常に不機嫌で、いつもぼりぼりと体のどこかしらを掻いていました。そんな姿を見ていると親のほうまで気持ち的に参ってしまい、子どもの皮膚のことばかり考えるようになってしまいました。
はじめは反ステロイドの病院にかかり、言われるままに洗濯洗剤やシャンプーをアトピーによいとされる低刺激のものに変えたり、保湿に気をつけたりしていました。
また、木酢液をお風呂にいれてみたり、掻き毟らないように包帯を買ってぐるぐる巻きにしてみたり、皮膚病の温泉水を取り寄せてみたりしました。
しかしどれも効果はイマイチで、日に日に体中がグジグジして、真っ赤になって、1日中泣いているような状態になってしまいました。
最終的には、見かねた親戚に紹介していただいた皮膚科で、やや厳しく「ステロイドを使いなさい、正しく使えば副作用なんて出そうと思っても出せないから!」と指導をうけて、目が覚めたような感じです。それまでは単に怖いというイメージのみでステロイドを忌避していました。
はじめは強いものでガツンと症状をおさえ、保湿も並行しながら徐々に弱いものにしていくという方法でした。肌を清潔に保つことも重要と言われました。また、成長で皮膚が丈夫になることも大切だといわれ、長期間上手に付き合っていく覚悟をするようにとのことでした。
医師のおっしゃるとおり、成長とともにだんだんとかゆがる範囲がせまく、程度も昔よりは軽くなってきました。ただし、やはりこれは個人差も大きいと思いますので、信頼できる医師をみつけて、的確なアドバイスを受け、キチンと指示通りに薬を使用し、それと並行して家庭でも、身の回りを清潔にするなどの生活習慣をつけ、地道に対処していくのが大切だと思います。

ステロイド剤をいっさい使わなかったら、、、

怒った女性

従兄弟の息子さんに、私は取り返しの付かないことをしてしまいました。毎晩アトピーで苦しんでいる赤ちゃんに対して、ステロイド剤を使わない治療法を独断で始めてしまったのです。
一週間ほど夫婦旅行に行くことになった従兄弟は、赤ちゃんである息子を私に預けました。彼女にはいろいろとお世話になっている上に、育児経験がある私には断る理由がありません。アトピー患者の看病が未経験ではありましたが、ステロイド剤の使い方を教わったので恐れることはないと自分に言い聞かせました。
アトピーは見ている私も痒くなりそうで、赤ちゃんは一日中辛そうにしています。我が子ではないものの、私は赤ちゃんのためになんとかしてあげたいと思うようになりました。ネットで調べると、ステロイド剤を使わない治療方法もあることを知ります。思い立ったが吉日がモットーの私は、預かっていたステロイド剤を一切使わないことを決めました。
独断によるアトピー治療が始まった初日から、赤ちゃんは夜泣きが酷くなります。私が得た情報には、徐々にアトピーの苦しみが和らいでいくと書いてあったので、心を鬼にしました。ところが、みるみるうちに赤ちゃんの肌は膿ができているような感じになってしまいました。慌ててステロイド剤を使い始め、いとこに謝罪しました。

生後11ヶ月で赤ちゃんアトピーに!!

乳幼児イラスト

乳幼児のアトピー対策は、早めに行うのがベストだと思います。
わたしには、生後11カ月になる娘がいますが、娘が6カ月ぐらいから顔や体に湿疹が見られるようになりました。
最初は、乳児湿疹のたぐいだろうと思い、しばらく様子を見ていましたが一向に良くなりません。
市販のワセリン等の保湿剤を入浴後に塗布したり、手の爪を短く切ったりして清潔を保つようにしていましたが改善しませんでした。
そのうち、夕方から夜間にかけて痒さで泣き出すことも多くなり、小児科を受診したところ、「アトピー性皮膚炎」と診断されました。
診断後、抗アレルギー剤の飲み薬とステロイドの入った塗り薬が処方され、1カ月ぐらい治療を行い、現在は改善しつつあります。
最初、ステロイドの薬を使用することに少し抵抗がありましたが、ある程度ひどくなってしまったら早めに直さないと、発達にも影響してしまうとのことでした。
わたしと主人も、もともとアレルギー持ちで子どもにも遺伝するのではと、粉ミルクをアレルギー予防用の物にしていたり気をつけていましたが、子どもの母親からの免疫力が低下し始める、6カ月から発症してきたように感じます。
発症前に、食べ物を気をつけたり、十分な保湿をするなどの予防が大切だと思いますが、もし発症してしまったら早めに受診し、治療することが子どもにとって大切だと痛感しています。

はじめまして、赤ちゃんアトピーで悩んだあなたたちの先輩ママです。

みんなの肌潤糖梱包画像

こんにちは、私には1歳半になる赤ちゃんがいます。始めのうちは何の問題もなくすくすくと育ってくれてました。

 

しかし、生後3ヶ月位から顔や体にアトピーが徐々にできてきました、、、最初はほうっておいたのですが、だんだんひどくなりすぐに皮膚科へ行ってみたところ、、、赤ちゃんアトピーと診断されました。(-_-;)

 

赤ちゃんアトピーは治らないと思っていたのですごくショックでした。
みんなの肌潤糖を手に持った画像
病院でもらっていた薬を飲んで1年ほど経過しましたが、あまり効果はありません。
子供も、薬をのむのをかなり嫌がるし、無理やり飲ませるのもなんか心苦しいのです。


それに医者の対応もいまいちなので病院へいくのはやめてしまいました。(^_^;)


それでも、なんとかしようと市販のやつで保湿スキンケアなどをしてもいまいち効果がありませんでした、、、


ですが、なにか良い方法はないかと調べて行くうちに、赤ちゃんアトピーはまだ体が発育段階にあり、初期症状のうちに保湿やスキンケアなどの適切な処置をすればほとんどの赤ちゃんが治ったり改善していくということがわかってきたんですね!


そこで赤ちゃんアトピーのおすすめ保湿スキンケアを、ネットでとにかく探しまわりました。
そこで 「実際に赤ちゃんアトピーが治った!」 口コミが多かったのが みんなの肌潤糖 という入浴剤だったのです。


赤ちゃんアトピーをみるみる治す!? みんなの肌潤糖

みんなの肌潤糖のアップ画像

私がたくさんのサイトから選んだのはみんなの肌潤糖というサイトでした。


なぜこのサイトを選んだかというと

  • 防腐剤や着色料は一切使用していない
  • 全額補償がついている
  • 肌トラブルでの売上が日本一

これらが決め手となって購入してみました。
みんなの肌潤糖を手に乗せている

さっそくみんなの肌潤糖を使ってみる!

さっそくみんなの肌潤糖を通販してみました。
お湯で溶かして、子供の体にぬりぬりとする毎日。

 

とくに子供はいやがる事ありません。
あんまりしみないみたいです(*^_^*)

 

なんか、塗っている私の手が3日目ぐらいからすぐにスベスベしっとりになったので、アトピー改善効果に期待をしながら続けてみました。

 

使ってみて、1ヶ月くらいで目に見えてアトピーがましになっていくのがわかりました。

 

少しづつではありますが、希望が持てた瞬間でしたね!
いまでも使い続け最初に比べればだいぶとましになってきています。


なんと2ヶ月でほとんど完治♪

実は、みんなの肌潤糖をぬりぬりする毎日を続けて2ヶ月で、アトピーがキレイさっぱり消えてしまったのです。
これには、効果もさることならが、子供の治す力の強さにも驚かされましたね。\(^o^)/


あきらめずに頑張って本当に良かったと思っています。


もし、私とおなじように赤ちゃんアトピーで悩んでいるなら、試してみる価値はありますので、参考にしてみてください。
一番安いサイズだと、お試しの1200円からありますよ♪
お湯で溶かしたところ


>>みんなの肌潤糖公式ホームページを見る!


>>追記  あれから1年経ちますが赤ちゃんアトピーは再発しておりません

親と赤ちゃんイラスト

あれからずっとみんなの肌潤糖を使い続けましたが、
アトピーがうそみたいにキレイになったことをお伝えしました。


そして、そのことを最後に、もうみんなの肌潤糖はやめてしまったのですね。
ですが、アトピーが再発すること無く、いまでは元気に走り回っています。
もう、昔みたいに、体が全身かゆくて、泣いて目を覚ます、、、ということはありません。


ひょっとすると、年齢とともに自然に治癒していたたのかもしれませんが、
なにもしていないというストレスを感じているよりはなにかにすがってでもアトピーと向き合うほうが良いと思います。


それだけ赤ちゃんアトピーというのは親も子供もストレスが大きいので
とにかくすこしでも参考にしてもらえたらうれしいですね。